キュービテック(QubitTech)

【キュービテック】始めて1か月半の報酬実績

 

キュービテックを始めて約1か月半が経ちましたが、ついに報酬が100万円を突破しました!!

 

僕よりもっと稼いでいる人も多くいるようで、キュービテックの盛り上がりの凄さが伺えます。

 

ただ、その一方で、キュービテックは詐欺なのではないか?」という声もだいぶ増えてきました。

 

僕はキュービテックに期待し、投資をしておりますが、何でもかんでも盲目的に信じる信者ではないので、このあたりのことを冷静に分析してみたいと思います。

 

キュービテックは詐欺なのか?本物なのか?

いきなり、本題を持ってきてしまいましたが、キュービテックが詐欺なのか、本物なのか結論から申し上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:わかりません!!

 

 

はい、罵詈雑言の嵐ありがとうございます。笑

 

いきなり敢えて批判をいただくようなことを言ってしまいましたが、きちんとお話しますと、まず大前提として、現時点で我々日本人の中でキュービテックが詐欺か本物か断定できる人間は一人もいないということを覚えておいてください。

 

ネット上で「絶対詐欺だ!!」とか「間違いなく本物だ!!」みたいな断定的な情報ばかり目にしていると、あなたの中に余計なバイアスがかかり、投資判断を鈍らせます。

 

ネット上で発信している人達も様々な根拠を並べて、自分の考えを発信していますが、経営陣とかでない限りはどこまで言ってもそれは所詮、「個人の意見」であり、憶測の域を出ることはありません。

 

こういった意見を参考にしても良いのですが、最終的な投資判断は絶対に自分でしなければならないということを、とにかく肝に銘じておいてください。

 

では、なぜ僕はキュービテックに投資をしているのか、その判断基準について、これからお話していきます。

 

何を基準に投資判断をすれば良いか?

現在、僕のキュービテックへの投資額は約100万円にまで増加しました。

 

最初に収益をお見せしたとおり、それでも投資分の回収は終わっていますので、この先は完全なるノーリスク運用となりますが、そもそもなぜ最初2万円ではじめた投資額を100万円まで増やしたのかということについて説明したいと思います。

 

ちなみに、「経営陣がすごいメンツ」とか「報酬や入出金が問題なくできている」といった話は過去の以下の記事で説明していますので、今回は割愛します。

【圧倒的先行者優位案件】キュービテックを急いで始めよう!!(特典付き)

  皆さんはキュービテック(QubitTech)という投資案件をご存じでしょうか。   ロシアを中心にヨーロッパの一部では既に流行りつつあるようですが、日本ではまだあまり認知されて ...

続きを見る

 

投資額を増やした理由①:リスクリターンの検討結果

キュービテックは株やFXと違って、投資信託に近い性質のものですので、デジタルライセンスを購入しさえすれば、日々、利益率の多寡はあるものの、特に何もせず配当が得られます。

 

故に、原資が目減りするするリスクや、時間を取られるリスクというのは基本的にありません。

 

今のところ唯一、リスクがあるとすれば、キュービテックがポンジスキームであり運営が飛んでしまうとか、あるいは、全うに事業に取り組んでいたとしても、そもそも事業がうまくいかなくなり、破綻してしまうといったところかと思います。

 

ただ、そうしたリスクと比較しても、現在、世界中で登録者が増え続けて事業規模が順調に拡大していること、アフィリエイトプログラムの報酬や月利25%という高利回りが得られるメリット、今後期待されるICOの参加権など、投資することによるリターンの方が大きいと判断して、僕はキュービテックへの投資額を増やすことに決めました。

 

リターンの大きい案件はそれなりにリスクが伴うのは当たり前であり、そのどちらが大きいかを判断するのが投資家です。

 

そうしたリスクを取りたくない人は素直に定期預金とか、カッチカチの堅い案件のみに取り組むようにしましょう。

 

投資額を増やした理由②:事業が失敗しても利益が出る可能性が高い

2つ目の理由として、今、投資しておけば、事業が失敗しても利益が出る可能性が高い。」ということが挙げられます。

 

先ほども説明したように、キュービテックへの投資で我々が損をするリスクは、「キュービテックがポンジスキームであり運営が飛んでしまう」あるいは、「事業がうまくいかなくなり破綻してしまう」という2点だと考えております。

 

ですが、万一、上記2点のいずれかにキュービテックが当てはまってしまった場合においても、デジタルライセンスは月利25%の高利回りで毎日報酬が発生するため、4か月耐え抜けば、完全にプラス収支に移行し、我々が損失を被ることはありません。

 

また、アフィリエイトプログラムに取り組む方は更に回収が早まります。

 

先週ドバイでのグランドオープンを終えて、やっと本格的に始動したばかりのこの現状において、ここから4か月持つかどうかと考えてみたらどうでしょう?

 

僕は勝算しか感じませんでした。

 

一番ダメな人のパターン

ちょっと本筋からズレますが、キュービテックに限らず、投資する人間として一番ダメな人のパターンを紹介します。

 

それは・・・

 

「周りの意見に流され、優柔不断な人」です。

 

これについて、ビットコインを事例として考えてみます。

 

ケース1:<ビットコインで得をした人>
仮想通貨とかめちゃくちゃ怪しい、詐欺に決まってると周りが騒ぐ。

でも、これが本物だったら面白いと考えて投資を行った。

結果、1BTC200万円を超え、大儲け。

 

ケース2:<ビットコインで得も損もしていない人>
仮想通貨とかめちゃくちゃ怪しい、詐欺に決まってると周りが騒ぐ。

そのまま、何もせずスルー。

 

ケース3:<ビットコインで損をした人>
仮想通貨とかめちゃくちゃ怪しい、詐欺に決まってると周りが騒ぐ。

どうせ詐欺だろうし、様子を見よう。

ビットコインの値段が爆上がりし、メディアが騒ぐ。

やばい!!急いで買わなきゃ!!と慌てて買う。

結果、ビットコインの価格が暴落し、大損する。

 

どうですか?「ケース3」にあてはまる人、相当多いんじゃないでしょうか?笑。

 

しかも、これ別にビットコインに限った話ではなくて、株やFXとかどんなものにも当てはまってしまう原理なんですよ。

 

優柔不断で、周りに流されやすい人はヤバいということをよく覚えておいてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はキュービテックの話から派生して、投資スタンスについても言及してみました。

 

いろいろお話してきましたが、一つ忘れないでいただきたいのは、我々は投資家であって評論家ではないということです。

 

本質は、「この案件が投資対象か否か」であるはずなのに、いつの間にか「この案件が詐欺か本物か、手掛けてる団体は大丈夫かどうか」という分析に全精力を使い、結論を出す頃には、美味しい先行者のポジションは全て決断・行動の早い人達に取られてしまっているのです。

 

投資するにしろ、しないにしろ、決断は早い方が有利ということだけは覚えておいてください。

 

キュービテックについては、あくまで個人的な考えではありますが、まだまだ投資チャンスだと思っています。

 

以下の登録ページからご登録いただき、にご連絡いただいた方は、日本最大のサポートグループに招待させていただく他に、僕が主催している少人数のグループにも招待させていただけます。(ご連絡時にキュービテックでの登録名をお伝えください。)

 

キュービテック登録ページ

 

僕のグループは少人数で、ポジティブな内容だけでなく、ネガティブな内容についても話し合うような日本一、地に足のついたグループ(?)で、キュービテック以外の投資案件についても情報交換するアットホームなコミュニティになっております。

 

当サイトからの登録者限定にはなりますが、是非こちらにも参加してみてください。

 

人気記事

1

  皆さんはキュービテック(QubitTech)という投資案件をご存じでしょうか。   ロシアを中心にヨーロッパの一部では既に流行りつつあるようですが、日本ではまだあまり認知されて ...

2

  かなりの反響をいただいているキュービテックの記事ですが、いろいろな内容で分けて書いておりましたので、結局、完全初心者がキュービテックで報酬を得るためには、どうしたら良いのかということを最 ...

3

  FXで成功する人がほんの一握りでしかない要因はいろいろあるわけですが、その中で最も多くの人が脱落する原因がやはり元手が溶けることによる「挫折」です。   人間、一度や二度の失敗 ...

4

  どうも、かず3です。   今回は私も使用しているXMの口座開設について説明させていただきます。   慣れれば、何てことない作業なのですが、英語で住所とか書いたことのな ...

-キュービテック(QubitTech)

© 2020 かず3の投資・アフィリエイト塾